低収入でもキャッシング

夢のために あきらめない ためらわない!!

お金がない!!

地方でフリーターをするって、なかなか厳しい現実を突きつけられます

 

皆さんこんにちは。

やっとこうやって文章を書ける生活を送ることができるようになりました。

 

というのも、つい先日までお金がなくて、スマホ代が支払えずに解約するという悲劇の中にいたからです(笑)。

以前から電気とガスは止められていましたが・・・周囲と連絡を取らなければならないので、スマホ代だけは血の涙を流す思いで支払を続けていたんです。しかし、それもついに力尽きてしまい、現代社会から離脱していました。(泣)

 

電気や水が止まるのは何とか耐えられたんですが、この時代にスマホが使えないのは堪えますね。連絡が全くつかないもんだから、友人が孤独死を心配して訪ねてきたのはここだけの話です。

しかも、3人もです。

 

そんな僕も、ここでお金を借りることができたため、助かりました。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



 

 

でも、太陽と共に目覚め、日が沈むと家で大人しくしていると江戸時代の人々の生活を体験出来てなかなかでしたよ!無理やり考えればね(笑)

 

ファミレスでバイトをしているので食べることには困らなかったものの、地方ということもあって時給が安い。時給750円って、東京の最低賃金に届いてないじゃん(笑)

 

これでもこの界隈では高い方で、通勤も自転車で30分以内と比較的恵まれているという地方あるあるなのがもどかしい。一念発起で東京や大阪に出ようにも、この状況では上京も上阪もできない。

 

低収入でもお金を借りたい!!!

 

 

定職についていなくてもお金を借りることって出来るんだろうか?

 

もう待てない、給料日まであと16日もあるじゃないか!

 

だが冷静に考えてみよう。給料の前借りは前に1回だけという特例でやちゃったし、お金を貸してくれる友人もいない、と言うかみんな厳しい。両親は離婚し、僕を引き取った母は数年前に亡くなっている。

 

これまさに完全危機・・・。これは最後の手段しかない。カードローンのキャッシングにお世話になるか・・・。

 

スマホが使えないので、バイト先のパソコンを借り、こっそりと調べてみることに。僕みたいな低収入で定職についていない人間がキャッシングで借金なんてできるのだろうか。

いわゆる闇金なら可能かもしれないが、そこだけは絶対に嫌だ。臓器をお金に換える勇気なんてない!(映画の見過ぎだろ)

 

そんなこんなで薄いであろう希望にかけてネット検索していると、速攻診断してくれるサイトがあるじゃないか!

 

これ早速試すべし!と素直に自分の情報を打ち込み、いざ勝負!(診断です)

 

その結果・・・

 

キャッシングOK

 

という文字が!!

 

その言葉を見たときの僕の喜びときたら、晩御飯のおかずがエビフライだった時の子供の喜びを1,500倍くらいにしたもんですよ!(分かりにくい)

 

さすがアイフル!!!俺への愛をフルに示してくれたんだな!!

(アイフルの意味が正しいかどうかはその時どうでもよかった)

 

この勢いで、他にも借りられそうなところはないか調べてみよう。金利とかが違うかもしれないし、精査の結果ダメって言われたら天国から地獄行きだしな。

 

次に見たのがプロミス。お願いします。俺にも融資のプロミスを!





森カンナかわいいなー。

 

おっと・・・大事なのはキャッシングできるかどうかだ。

 

 

 

審査の結果・・・

 

可能の2文字を確認!!キタコレ!お金借りられる!!人生再スタートできる!!気分は盆と正月が同時にやってきたような感じだった。

 

それから調べてみると、プロミスなら窓口で審査もできるとのこと。駅前に窓口があったので行ってみることに。

 

改めて相談してみると、正式に融資可能の回答をもらいました。

よく覚えてないけど、決定した瞬間は担当者の手を強く握りしめながら「ありがとうございます!!」を連呼していたような気がします。

その後、窓口の方にお茶をいただいてようやく落ち着きました。どうやらこの手の人の扱いに慣れてらっしゃるようだ。

 

その時、気になったので聞いてみた。自分みたいな低収入でもキャッシングでお金を借りることができるもんなんですね、と。

 

聞くところによると、収入だけで審査しているわけではなく、いくつかの要素を総合的に加味して融資の判断が行われているらしい。

 

 

キャッシングできる基準ってどうなっているの?

 

①信用情報に事故情報がある場合

これは簡単に言うと、クレジットカードの支払いや借金の返済が遅延したり連絡が付かなくなったりしたことがないか、ということらしいです。電気やガスは止められていたものの、クレジットカードは使ったことないし、借金は今回が初めてだったので特に問題にはならなかった。

 

 

②5社以上から借金しているかどうか

貸す側の身になってみれば当然ですよね。そんなに借りている奴が返済できるわけないだろう!というわけです。僕はこれまで借金をしたことがなかったので、この件もクリアできました。

 

 

③借金の額が年収の1/3を超えているかどうか

どうやらこの基準は法律で決められているらしく、ここに引っかかると無条件でキャッシングができなくなるようです。いわゆる裁量規制というやつらしいです。今回の僕のキャッシング希望は20万円だったので、難なくクリアできました。

 

 

④年収が30万円未満の場合

お金を貸す側としては「しっかりと返済してくれる人」ということが最低限の条件として考えられます。
つまり、安定した収入があり、ある程度の収入額がないお金を貸しません、ということですね。年収30万円未満というのは、この最低限の条件から外れてしまうことは言うまでもありませんね。

審査が通過する可能性があるとしたら、本当に少額の借入だったり、配偶者が大きな収入を得ているなどの条件が必要らしいです。

さすがに30万円は余裕で越えていたので、この点もクリアできました。

 

まとめ

低所得・低収入という理由だけでキャッシングを諦める必要はないみたいですね。金額に限度はあるかと思いますが、よっぽどでない限り相談する価値はありそうです。

とは言うものの、キャッシングありきの生計はなるべく避けるようにしたいところです。

借りすぎには十分ご注意くださいね。